『人生スイッチ』が面白い。

category:映画

やあ。

「ブログもサイトも着替えたーい」的なことを

前回言ったけど、その前にちゃんとブログ書く習慣を

取り戻すようにするよ。

 

今日は、最近見た中で「掘り出し物見つけた!」的に

面白かった映画の紹介をします。

 

以前、Twitterで140字のレターボックスという

連想形式のシネマレビュー企画にちょこっと参加したんですが、

自分で描いたイラストをつけるのがルールのひとつだったんです。

もう20年ぶりくらい? とにかくひっさしぶりに絵を描いたんですけど

せっかくなので、ここでもリハビリがてら

未熟な絵をつけて紹介したいと思います。

 

 

『人生スイッチ』

(2014年・アルゼンチン・スペイン合作)

 

 

何の気なしにAmazon Primeビデオで観始めたんですが、

いつのまにか画面に釘付けになってしまった1本でした。

 

「怒り」がトリガーとなり、

そのせいで人生の方向が変わってしまった人々を描く

6つのショートストーリー。オムニバスです。

 

イラストはそのうちの1篇「HAPPY WEDDING」の1シーン。

ここの部分のセリフ、ちょっと真似してみたくなる 笑

 

珍しく「邦題も原題も、どっちもピッタリだなー」と思いました。

珍しく、とか言っちゃいけないか。

いや、言いたくなるような邦題、正直ありますわ。まぁいいや。

WILD TALESの”WILD”は、単に「野蛮な」とかいう意味だけでなく

思いっきり意訳ですけど「ブチ切れ」「トチ狂った」みたいな、

そんなニュアンスを含んでいるように思います。

(別に英語得意ニンゲンではないので、サラッと流してくれてよし)

 

どの物語の登場人物も、「ゴラァ!」となったことがきっかけで

何かのスイッチが入り、人生が明後日の方向に転がり出します。

観る側も、うねるような怒りのエネルギーにつられて

どんどんストーリーに引き込まれちゃう。

「どうなんの?この人たちどうなんの?」と目が離せなくなり、

最後まで見守らずにはいられなくなる感じ。

 

さて『喜怒哀楽』なんて言葉がありますが、

この4つの感情のうち、いちばん生理的でいちばん生々しいのが

「怒り」であると、わたしは常々思っております。

 

あまりに大きいと、自分でコントロールできなくなってしまう。

出し方を間違えると、すべて自分に跳ね返ってきてしまう。

時にはその人の本性を暴き出す。

この映画は、まさにそういう状態に陥った人物を描いていました。

 

しばしば「ブラックユーモア作品」と紹介されている本作ですが

黒いのは、たしかに黒い。触ったら手が汚れそう。間違いなくブラック。

そしてアルゼンチンのブラック描写、そこそこ容赦ない。

(若干汚いシーンがあるので、苦手な人は要注意)

 

人によっては「笑えない」と感じる人もいるでしょう。

でもユーモアって、別に「ハハハ」と笑えなくても良いのでは。

滑稽だったり皮肉だったり、ちょっと鼻で「フンッ」となってしまう

そんな空気も「ユーモア」のうちに含まれるんじゃないかな、と。

 

6つの物語はどれもスカッとする話ではないけれど、

でも不思議と、後味の悪さは感じない。

その理由は何かと考えたら、

まぁそういうことなんじゃなかろーか、と思います。

 

現在もAmazon Primeビデオで配信中です。

まだ配信終了予定リストにも入っていませんでした。

プライム会員の方、ぜひご覧になってみてください。

 

この酷暑の夏、なんだか暑苦しー気分になる映画を観て

ショック療法で乗り越えましょうや。ねぇ。

 

JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画)

JUGEMテーマ:映画

JUGEMテーマ:エンターテイメント

| 浜田 弥依 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
着替えたい

category:日々

自分のサイトを。
イチから作り直したい。
更新のしやすさとかも考慮して、
ガバっとテコ入れしたい。

深夜ほど、このテの衝動に駆られるよね。
しかしスキルフルなわけではないので、
やるとなったらそれなりの時間がかかっちゃう。

どんなに忙しかろうがなんだろうが
時間は自分で作り出すものだけど、
そのあたりのやりくりが
わたしはどうにも下手っぴ。
これ、色々あるスイッチのon-offも
下手っぴってことだよなあ。


(胸に手を当ててみる)

(思い当たる節があるようです)


不器用は急には治らない。
まずは深呼吸から始めてみます。
真夜中のひとりごちー。
| 浜田 弥依 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
朗読会出演のお知らせ

category:お知らせ

前回の記事が花見の話でしたっけね。

また時間があいちゃいましたが、浜田さんビックリした。

あんまり記憶にないんだけど、

前回記事のあとに何か書き散らかそうとしたらしく、

ブログの下書きがひとつ残ってた。

内容を読み返してみたんだけど

完全に旬を過ぎてる内容で、

今さら投稿できないな……って内容だった。

 

なので下書きはさっくり削除して、

今度出演する朗読会のお知らせするね!

 

 

おしらせですよ

 

【浜田弥依*朗読会出演】

 

『ねこばなし。』

 

2018年6月2日(土)〜3日(日)

東中野バニラスタジオ

 

ねこから見た世界はどんな世界?

どんなふうに見えている?

”ねこ目線” で描かれたオリジナルストーリーを、

ギターの音色とともに4匹の読み手が語ります。

 

--- 『ねこばなし。』公演詳細 ---

 

日時:

2018年6月2日(土)〜3日(日)

両日とも14時開演/18時開演

※ 開場時間は、各回開演時間の30分前です

 

場所:

東中野バニラスタジオ

東京都中野区東中野1-14-27 MRビルB1

JR中央・総武線「東中野」駅 徒歩5分

東京メトロ丸ノ内線「中野坂上」駅 徒歩8分

都営大江戸線「東中野」駅 徒歩8分

 

料金:

3,000円(当日会場での精算になります)

 

出演:

大野トマレ/勝沼紀義/浜田弥依/ひろせなおや/

丸山忠一(ギター)

 

 

ただいまご予約受付中!

ご予約は下記URLより、メールにてお受けしております。

http://nekobanashi.read-aloud.work/

 

予約方法:

件名に「ねこ予約」とご記入いただき、以下の内容を

上記Webページに記載の専用メールアドレスまでお送りください。

 

1. お名前(フリガナ)※必須

2. ご希望日時 ※必須

3. ご予約人数 ※必須

4. 特にお目当ての出演者1名 ※任意

  任意項目ではありますが、”浜田弥依”と書いてくださると

  浜田が「正気かな?」というレベルで大喜びします

5. ご自慢のねこ写真添付 ※任意

 

・ねこ写真について

 飼い猫、のら猫は問いません。

 お客様ご自身のねこさん、

 ご友人のかわいいねこさん、

 道で出会ったすてきなねこさんなど、

 自慢のねこさん写真をお持ちでしたら

 ぜひ予約メールに添付してお送りください!

 

 ※ お送りいただいたねこ写真は、

   当日、会場内にて紹介させていただきます。

   お送り頂ける場合は、上記の旨を予めご了承くださいませ。

   本朗読会のねこ度アップに、是非ご協力ください♪

 ※ お送りいただいたお写真を、本目的以外に使用することはございません。

 

生ギターも味わえる、何気に贅沢仕上げの朗読会です。

お楽しみポイント盛りだくさんでお届けいたしますので

ゼヒゼヒ足をお運びくださいませ。

お待ちしてまーーーす!!

 

JUGEMテーマ:朗読会

JUGEMテーマ:朗読・リーディング

JUGEMテーマ:ライブ告知

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:Information

 

 

| 浜田 弥依 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サクラサク、サクラチル。

category:日々




ピンクみが少なく、
あまり桜っぽさのない写真で恐縮です。

都内でのお花見は、今日あたりまででしょうかね。
今年も桜の花を存分に堪能しました。
昨夜は満月といっしょに楽しめましたし、
粋な情景、ありがたやー。

子どもの頃からずーーーっと
(場所は変われど)近所に桜がある環境で暮らしてきたので、
桜には、ひときわの愛着を持っとります。
桜が身近にあるのが当たり前の感覚。

桜というと、花がバッと咲いてすぐに散っていくので
どこか儚いイメージがありますけど、
今回花見をしていて、ふと「いや待てよ?」と。

春になるとワーッと花を咲かせてサッと散って、
葉桜になって裸になって。
そして次の春には、またワーッと咲く。

これって儚いどころか、
なんとも潔くて逞しいんじゃなかろうか、と。

ずーっと桜の木のサイクルを見続けてきて、
そんなふうにイメージが変わってきた最近です。

サクラサク、サクラチル。
その後の葉桜のトンネルも、さわやかで気持ちがいいものです。





※ 但し、虫対策を施して頂いてることが前提。
※ でないと、虫嫌いには地獄のような有様に。
| 浜田 弥依 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日が終われば明日に続く

category:日々

年の瀬に一年の総括的なことを書くのも

ありきたりすぎて我ながら何だかなぁと

思わなくもないですが、

ついついそんな気分になってしまうのが

「にほんじんのさが」なのかもしれません。

 

今年は、ドキュメンタリー映画のナレーションに始まり

朗読団体の運営に関すること、またその公演を通して

自分自身のありかたを考えたり

演者としての取組みに四苦八苦したりと、

いつにもまして濃い時間を過ごしていた印象です。

 

残念なことに、この世の中には

わたしがラクにこなせることなど

何ひとつありゃしませんので、

壁と山が代わりばんこに現れちゃー

ウンウン唸ってばかりいたように思います。

 

でもま、それ自体はいつものことではありますが

今年の場合、自分自身の「見たくないところ」と

ことさらに向かい合わないといけない場面が多くて

1年の2/3くらいは白目剥いてたんじゃないかと。

 

とはいえ、自分がどんだけ足掻いて藻掻いても

それなりに育って、何かを掴んで浮上してくることを

わたしはちゃんとわかっているので。

おばちゃん、それなりのトシだけんね。

そんくらいはね。わかっちょる。

 

そう考えると、充実した一年だったかもしれません。

これまで同じ場所でゴゴゴゴ唸っていた石が

ズ... ズズ... と少しだけ動き出した感。

 

こういうふうに自分自身を感じたということを

きちんと刻んでおくように、

「喉元過ぎたら」なんてことにならないように、

そこは気をつけにゃならんところですが。

(この点がいちばん危なっかしい)

 

また演る側としてではなく、観る側としても

素晴らしいステージや作品とたくさん出会うことができ、

刺激を受けまくった一年でもありました。
 

こういう栄養摂取って、すごく大事なんすよ。

呑みの何回かを蹴ってチケット代を確保してでも

 

呑みか。どうしてもワシは酒に溺れるか。

うん、ここはご自身が費やしがちなものに置き換えて

読んで頂けると幸いなんですが

 

芝居に限らず、絵画だったり建築だったり

小説だったりマンガだったり

人との出会いそのものだったり、何でもいいんですけど

「いいもの・いいこと」に触れる機会を持つの、すごく大事。

できれば、自分から積極的にその時間をつくる。

受け身じゃなくて、取りにいく姿勢。

 

そこで感じた刺激や影響が、

元から自分の内にあったものと

化学変化を起こし、新鮮なものとして

新たに生まれ出るってことはある。

確実にある。

そしてそれは、必ずや自分の血や肉となって

生活や仕事、活動に反映しますよ。

 

これはねー、もう自分の経験則なんだなぁ。

「あー、年寄りがまた何か言ってらぁ」って感じで

聞いてくれて構わないんですけど、

年寄りの言うこた聞いとけーってこともありますけんね。

 

放出しただけでなく、受けたものも多かった。

よく考えたら、わたしの2017年は

とっても幸せな一年だったではないか。

 

とかなんとか色々書きつつ、

個人的に2017年いちばんのハイライトは

先日行った京都ひとり旅だったんですけどね!テヘ☆

 

仕事やら何やらで、国内外含め

行き帰りの道中ひとりっていうのは何度もありましたが

現地での行動含めてオールひとりっていうのは

実は生まれて初めて。

想定外の出会いやご縁ができたりもして、

すっごいワクワクな数日間を過ごしてきました。

 

協調性皆無 マイペースな自分にとっては

ひとり旅、すっごく性に合ってた。

京都に限らず、クセになりそうです。

 

2017年ラストの月に体験したワクワクを

このままずっと感じていけるように。

年を跨ごうが跨ぐまいが、今日と明日は地続き。

足をしっかり地につけて、目の前の道を

引き続き一歩一歩あるいていこうと思います。

 

祇園の夕暮れと冬至の月。

 

 

 

JUGEMテーマ:日々徒然

JUGEMテーマ:こころ

JUGEMテーマ:国内小旅行

JUGEMテーマ:京都

 

| 浜田 弥依 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

■ 出演情報

【朗読会】
月読の會 第8回朗読公演
『オトトトト』

2018年10月6日(土)〜7日
両日とも14時開演/17時開演
@ フリースペース無何有
東京都新宿区新宿3-34-3
JR新宿駅 東南口 徒歩3分

出演:浜田弥依/福地きょうこ/あさこ

料金:2,000円(当日精算)

9月2日(日)よりご予約受付開始!

Entry

    

Archives

    

Category

    

   

Link

    

Search

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode